足汗で困った体験談

私は幼い頃からよく足汗をかく体質でした。子供の頃は特に臭いなどに敏感になったこともなく、気にしたことはありませんでした。しかし足汗は大人になってからも続き、大人になってから、臭いや体臭に敏感に気になり始めたこともあり、大人になってからとくに足汗の臭いがきつくなったように感じます。

私の仕事は基本的に動き回る仕事です。仕事用のシューズがあるのですが、1日履いているととても靴の中が蒸れて、その蒸れによって臭いがきつくなります。夏は特に汗の量が凄いのですが、割と冬も足は汗をかきます。1日履いたシューズを自分のロッカーに収めて帰らないといけないのですが、シューズを入れることでロッカー内がとても臭くなります。ロッカーの中には仕事の制服や鞄、来た時に来ていた私服も入れておくので、常時消臭剤を置いていました。

匂いの付いている消臭剤だと、足汗の匂いと消臭剤の匂いが相まってさらに匂いがきつくなるので、無臭の消臭剤を愛用していました。しかし足汗の匂いは消えませんでした。

若い頃は冬にブーツを履いていたのですが、合コンや飲み会でブーツを履いて行った時にまさかの座敷のお店だったときはとても足の匂いが気になります。そんなときは常に足用の消臭スプレーを持参しトイレでしゅーと振りかけてから座るようにしています。

自分だけに問題があるならいいのですが、自分の足汗のせいで他人や友達に迷惑がかかってしまうことがなにより嫌です。

春や夏はバレーシューズを裸足で履きたいのですが、裸足で履くと最後は靴の中がびしゃびしゃになります。おしゃれな靴であれば中には靴下をはかず素足で履いた方がおしゃれで可愛いことがあるのですが、もし裸足で履き、靴を脱がなければならないカフェに行ったらもうおしまいです。1度素足でパンプスを履き、汗と匂いがどうしようもなく、カフェのトイレで足を洗った経験があるので、もう2度と素足ではパンプスを履くことはできないなと悟りました。