書いたものが全部消えて悲しかった話

某サイトでライティングの副業をしていた時の事です。

仕事内容は、単発の仕事ですが2000文字以上。自分にとっては大物案件でした。

構成を考えて、紙ベースである程度の下書きをしていました。

といっても、見出しを列挙する感じのメモですが。で、どういう感じで文章を展開するかということを決めてから、直接、某サイトに書き込みはじめました。

私のライティング速度は、書く内容が決まっているならだいたい1時間2000文字です。

といってもコンディションによって多少は増減するので、気が抜けません。

最初はペース良く進んでいました。

1000文字をこえたところです。内容が思っていたより薄くて書くべきことを足さないといけなくなりました。

少し考えた分時間ロスが出ました。それでも、問題ないペースで書きすすめていきました。

ライティングは快調に進んでいきましたが、時間もすすんでいきます。

残り10分をきりカウントダウンが始まって焦りだしましたが、まだ大丈夫。こころに言い聞かせて、着々と進めていきました。

しかし、最後のまとめの項目まで来て少しスピードダウンしてしまいました。

というは、下書きの時点で何を書くか考えていなかったからです。

といっても、まだ間に合う時間。なんとか完成させて、ざっと見直しをしました。

短時間で確認でしたが間違えているところは直して完成。ここまできて時間は残り2分。カウントダウンはどんどん進んでいきます。

焦りながら、やっと完了ボタンを押しました。間に合ったと思ったところが、回線がえらく重くグルグルとまわって送信されません。

「おいおいなんなんだ、こんな時に」と思っていましたが、しばらくして送信完了。

やっと完了したかと思って安心していると、おかしなことが。

完了したはずなのに、完了0件になっています。これはおかしいとおもって再度もとのページに行くと、再作業の文字・・・。

この時点で時間切れ。仕方がないコピーしてから、再度案件を申し込むかといって、見たら2000文字の力作がなぜか全消え。

真っ白になっていました。急いで書き続けていたのでバックアップはとっていません。魂が抜けてしまいました。

すべてやり直しです。仕方ないけども気を取り直して案件を再申し込みしようとすると、申し込めませんの文字が。ごちゃごちゃしている間にだれかが案件をさらってしまったようです。

もうすべて終わりました。この一時間はなんだったのでしょうか。

この悲しさが分かるでしょうか。結局、何もかもやる気をなくしてその日は泣きながら寝ました。